3wayブリーフケースでさらに仕事を効率よく!

アクティブなビジネスマンは、外回りだけではなく、国内の出張などもバリバリとこなす方がほとんど。そんなビジネスマンには、様々なシーンに対応可能な3wayブリーフケースがおすすめです。3wayブリーフケースの特徴とメリットをご紹介しますので、ぜひご自身のビジネスバッグのラインナップに加えてみてください。

3wayブリーフケースの特徴とメリット

3wayブリーフケースとはその名の通り、「手持ち」「ショルダーバッグ」「リュック」の3通りの使い方ができるビジネスバッグです。

1つで3つのバッグの役割を果たし、シーンに応じてスタイルを選べるため、とても便利なバッグとして、多くのビジネスマンが愛用しています。

3wayブリーフケースの最大のメリットは、シーンに合わせた使い分けができること。例えば、自転車通勤の時はリュックに、外回りの時は手持ちに、資料が多くなった場合はショルダーにと、1日の中でも使い分けることができるのが特徴です。

手持ちスタイル

手持ちスタイル

(画像) 最もベーシックなスタイルが「手持ちスタイル」です。機能性重視の3wayブリーフケースですが、スマートなデザインのものを選べば、クライアントとの重要な打ち合わせなどでも違和感なく使用できます。あらゆるビジネスシーンで活躍するスタイルです。

ショルダースタイル

ショルダースタイル

荷物が重い時や両手を空けたい時には「ショルダースタイル」に。ENGAGEMENTの3wayブリーフケースのショルダーベルトにはパッドが付属しています。パッドが肩への負担を軽減し、使用時の快適性をサポートします。

リュックスタイル

リュックスタイル

自転車通勤や出張の際など、機動力が必要な時には「リュックスタイル」がとても便利です。両手が空くのはもちろん、安定性があるため動きを邪魔することもありません。ビジネスライフをより快適にサポートするENGAGEMENTらしい提案です。

出張でもブリーフケースが大活躍!

出張でもブリーフケースが大活躍!

3wayブリーフケースはいつものビジネスシーンはもちろん、出張でも役立ちます。国内の出張の場合、荷物もそれほど多くなりませんので、トランクとブリーフケースのまま行かれる方も多いかと思います。

しかし、手持ち使用のみのブリーフケースでは、先方への手土産などが増えた場合、手持ちの荷物ばかりが増えてあまりスマートではありません。

そんな時も3wayブリーフケースであれば、荷物の多い時はリュックやショルダーに、荷物が少ない時は手持ちにと使い分けることができるので、非常にスマートです。両手の空くリュックスタイルやショルダースタイルなら、地図などを確認しながら慣れない場所で移動するのも楽になります。出張にも使える3wayブリーフケースを選ぶ際には、収納容量と収納スペース、PCルームがポイントとなります。収納容量が大きいのはもちろん、小分けの収納スペースの有無や、PCルームの性能や有無もしっかりと確認しましょう。

ENGAGEMENTおすすめの3wayブリーフケースはこれ!

ENGAGEMENTおすすめの3wayブリーフケースはこれ!

EGBF-008 3wayブリーフケース ENGAGEMENTの3wayブリーフケースの中でも最もコンパクトで軽量なEGBF-008 3wayブリーフケースをおすすめします。毎日のビジネスシーンを意識した容量になっており、3wayブリーフケースを初めて使う方に特におすすめです。PCルームや小分けに便利なポケットを完備しており、使い勝手も抜群です。

ENGAGEMENTでは使い勝手のいいおしゃれな3wayブリーフケースを販売しています。人間工学デザインを採用することで、スタイリッシュな美しさとタフな使用にも耐え得る機能性を、高度な次元で両立させたENGAGEMENTのビジネスバッグは、幅広いシーンで活躍します。

ビジネスシーンで活躍する3wayブリーフケースを購入するならENGAGEMENTへ

会社名
株式会社キヨモト / KIYOMOTO Corporation
設立
1960年2月11日
住所
〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目14−2
TEL
03-5843-9041(受付時間 9:00-17:00 定休日:土・日・祝日)
FAX
03-5843-9031
メールアドレス
mail@engagement-japan.com
URL
https://engagement-japan.com/

トップページへ